これで月3万円!サラリーマンWEBデザイナーの副業4つをご紹介!

これで月5万円!サラリーマンWEBデザイナーの副業4つをご紹介!

こんにちは。WEBデザイナーのぞう(@zou_designer)です。

WEBデザイナーとして企業で働き出して約14年。社内できちんと結果を出すことも大事ですが、会社の外でも自分が活躍できることはできないかな?と常に頭の片隅に小さな願望がずっとありました。

そんなこんなで会社の仕事とは別に副業として実際にぼく自身が携わってきた仕事内容をご紹介します。

クラウドソーシング

皆さんご存知の鉄板オンライン仕事マッチングサービス。ぼくはランサーズをよく使ってました。コンペだと競争率が高くなかなか採用に至らないのもこのサービスの特徴。

腕だめしのつもりでロゴデザインのコンペにちょくちょく応募してました。採用されたのは2件ぐらいだったと思います。ロゴだと3万円ぐらいからたくさん案件があるので、応募は簡単にできますよ。

ただ、単発の案件なので継続収入を得るにはハードルは高めかなと思います。採用してもらった人と継続的にお付き合いができるのが一番効率的。

地元広告代理店の下請け

近所の広告代理店に1件ずつ営業メールを送りました。その中の1社とアポがとれ、実際に会社まで伺いスタッフさんの自己紹介と依頼案件に関する説明を受けました。

その時は、案件のほとんどがwordpressの改修でした。

エクセルの案件表を見ながら、案件毎に開始と終了の連絡を行い時給2,000円。夜中にもくもく働いてました。

最初はさらっとこなしてたんですが、だんだん案件のボリュームが増えてきて捌ききれなくなり、途中で辞退することになりました。作業時間がどれだけ確保できて、どれぐらいの作業をこなせるのかっていう自信のキャパが全く見えてなかったんでしょうね。

広告代理店さんとは数社仕事の依頼をいただいてた時があり、もう一つの代理店さんからはLPデザインのみの制作依頼をうけていました。1ページで約8万円。追加でイラストや地図などの作成も入ったので、人件費を考えるとどうかなっていう感じでした。

これも単発で数回あったかな。

ブログ運営

ブログは更新ペースは遅いですが7年以上は続けたり、やめたり、また続けたりしてます。アドセンスとアフィリの収入が毎月本が1冊買えるか、買えないかぐらいの金額いただいてます。

トータルで100記事ぐらいは投稿してますが、1日のPV数は300後半。

無料で300人の方にぼくのブログやサービスが見れもらえてると思うと、ブログも悪くないなと思います。

仕掛けづくりはかなり大変ですが。

オンラインサロン運営

デザイナー初心者向けのオンラインサロンを2020年から運営してます。

やってる事はデザイン・コード添削、お役立ち記事の投稿など。

参加してもらってるメンバーの皆さんにぼくの全ての知識を伝えたい。そんな感じで楽しみながら運営してます。2021年7月時点で、月に3万程度の収入です。

まとめ

WEBデザイナーと副業はとても相性がよく、自宅にいながら本業以外の仕事ができるのはこの職種ならではですね。

副業とはいえ、一度仕事を引き受けたからには責任をもってやり遂げないといけません。

仕事をもらいすぎて首が回らなくなったっていう声もよく聞きます。ぼくがそうでした(笑)

計画性を持って、無理なくスキルアップできそうな副業をこなしていくのが一番。時間をすり減らして何も残らない副業はなるべくやめておきましょう。

でわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

デザイナー|企業のセールスプロモーションツール / 出版物 / Webなどのビジュアルデザイン担当|オンラインデザインスクール #ゾウデザ 主宰|デザイナー向けオウンドメディア運営(51万PV) | 1児のパパ|好物はコストコのパンと渋めのブラックコーヒー