Webデザイナーとは?現役デザイナーの仕事内容をご紹介!

Webデザイナーとは?現役デザイナーの仕事内容をご紹介!

こんにちは。Webデザイナーのぞう(@zou_designer)です。

Webデザイナーって毎日どんな事やってるの?って気になる方も多いのでは。ということで今日は現役Webデザイナーの仕事内容をご紹介したいと思います。

企業のインハウスデザイナー

Webデザイナーといってもゴリゴリの制作会社なのか、派遣なのかみたいに働き方は様々です。ちなみにぼくは企業のインハウスデザイナーとして働いています。

インハウスっていうのは企業の中で事業内容を拡大させるためのクリエイティブな仕事をするデザイナーです。それではもっと具体的に掘り下げていきますね。

インハウスデザイナーの仕事内容

企画・提案

インハウスデザイナーは社内の何らかの課題に対してクリエイティブで解決する役割を担っています。依頼があって制作するだけじゃなく、自分から「こういう問題ありますけど、これで解決してみませんか?」と言ったように0から仕事を企画・提案する場合も多々あります。

デザイン

デザイン作業ですね。ぼくの場合、Webに限らず、紙媒体のデザインもやっています。インハウスデザイナーは細かく職種が区別されていない所が多く、ひとくくりで社内のデザイナーという位置付けで何でも制作依頼されることがあります。

コーディング

Webの場合はデザインの次にコーディングが必要です。黒い画面を見ながらHTMLやCSSを書いていく作業ですね。デザインとコーディング別々に作業が必要っていうのはやってるデザイナーしか知らなくて、一般の方はWebサイト制作で一括りみたいな感じですね。

システム制作

システム制作といってもPHPというプログラミング言語を使って、ログイン機能のある社内用のポータルサイトを作ったりする程度です。通常のWebサイトより少し深いプログラミングスキルが必要です。

動画制作

企業PRや採用強化のために動画を使う機会が増えてきました。ということで、ぼくの会社も動画制作に力を入れています。まるでyoutuberの気分で楽しんでやってます。

環境によってWebデザイナーの仕事内容は異なる

今回はインハウスWebデザイナーの仕事内容のご紹介でした。Webデザイナーといっても働く環境によって仕事内容は大きく異なります。

例えば制作会社のフロントエンジニアの募集で採用された場合は、おそらくWebサイトのフロントエンドの部分のみに特化した仕事内容になると思います。

狭く深くスキルを伸ばすか、浅く広くスキルの幅を広げるか。

ぼくはたまたまインハウスデザイナーという環境で、浅く広くいろんな仕事に携われてますが、中には職人気質でこれだけを極めたいですっていう人もいると思います。

なので、自分がどの方向に進みたいかを決めることが最優先です。

Webデザイナーになるには?

Webデザイナーになるには大きく分けて2通りの方法があります。

スクールに通うか独学でスキルを習得するか。

ぼくのWebデザイナーになるまでのロードマップの記事も纏めてるので気になる方はチェックしてみてください。

たった1年で未経験から独学でWEB&グラフィックデザイナーに転職したロードマップ公開!

2015年11月13日

まとめ

Webデザイナーといっても動画制作や紙媒体のデザインやったり、Webというカテゴリに収まらない場合でも職種はWebデザイナーです。

ぼくはいろんな仕事に挑戦したいタイプなので、インハウスという働き方が合ってる気がします。

Webデザイナーの仕事内容はこんな風に幅広いので、まずは自分の適正を見極めて目指すべき方法を探っていくことをオススメします。

でわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

デザイナー|企業のセールスプロモーションツール / 出版物 / Webなどのビジュアルデザイン担当|オンラインデザインスクール #ゾウデザ 主宰|デザイナー向けオウンドメディア運営(51万PV) | 1児のパパ|好物はコストコのパンと渋めのブラックコーヒー