地方Webデザイナーに必要なスキルセットは?具体的ロードマップを解説!

Webデザイナーになりたいけど何から勉強していいのか分からないという声をデザイナーを目指しててる方からよく耳にします。

Webデザイナーといっても都心や地方で定義や、必要なスキルセットも異なります。

ぼくは福岡の地方Webデザイナーしか経験がないので、ぼくが感じる地方Webデザイナーに必要なスキルセットとWebデザイナーになる為のロードマップを解説していきます。

Webデザイナーの定義

まずWebデザイナーとは?っていうお話なんですが、これは人や職場によってまちまちです。

例えばとある企業ではデザイン、コーディングまで全て担当できる人を想定してたり、また別の企業ではデザインだけを担当させたり。傾向としては企業の規模が大きくなるほど、Webデザイナーの業務は細分化されます。

ちなみにぼくの場合は、デザインからコーディングまで1人で担当してます。

まず目標を定める

Webデザイナーになるといっても定義も地域や企業によって異なるので、まずは自分自身でどういう仕事をやっていきたいかをある程度明確にするしかないかなと。

例えばコーディングは無理そうなので、デザインだけでやっていきたい。

この場合だとWebデザイン以外にもグラフィックデザインなどある程度幅のあるスキルセットを習得しておいたほうがいいです。

逆にコーディングだけやりたいって人は例えばPHPというプログラミング言語でサーバーやデータベースなどバックエンド側のシステム構築の業務をやりたいなど。

近隣の求人情報を見ればある程度どういう職種のニーズがあるのか傾向がつかめるので、あとはそれに合わせて自分が目指したいWebデザイナー像に近づけるようスキルを習得していきましょう。

地方Webデザイナーなら間口は広めに

地方ならWebデザイナーであれば、HTML、CSS、JavaScript、WordPress、サーバ周りの知識があって若さと経験があればある程度やっていけそうな印象です。

とはいえ企業によっても求められるスキルは異なります。

グラフィックデザインの知識もできれば

WebデザイナーというとWebだけのお仕事と思われがちですが、中小企業だと紙媒体のグラフィイクデザインのお仕事依頼もぼちぼち入ってきます。

また、初回にグラフィックデザインの案件で依頼を受けて、そのまま継続していただける場合もよくあるので、Webデザインだけじゃなくグラフィックデザインのスキルも身につけておくと職探しの幅は広がります。

地方デザイナーに必要なスキルセット

では具体的に地方デザイナーにはどんなスキルが必要かまとめておきますね。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Webデザインスキル(Photoshp/XD)
  • グラフィックデザインスキル(Illustrator)

最低限あった方がいいスキルはこのぐらいかなと。全てを完璧にマスターするのは難しいので、調べればわかるぐらいの理解力がいずれも持っておいたほうがいいですね。

 

次に勉強の順番ですが、ぼくは

  1. グラフィックデザイン
  2. Webデザイン
  3. プログラミング

の順番でした。2と3は同時に仕事で覚えていった感じです。

オススメは何か目標となる制作物を決めて、ひたすらググりながら作って行くという方法。

やみくもに参考書を最初から最後まで読んでも、いざ何か作ろうとなると手が動かなかったりします。

なので実践の中で1つずつわからないことを潰して行く流れで勉強していきましょう。

最後に

地方は都心にくらべると、Webデザイナーの仕事が細かく細分化されてる企業は少ない印象です。その代わり1人でまかなう業務の幅は広めです。

未経験からWebデザイナーを目指すなら地方企業のほうがチャンスありです。

でわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ビジュアルデザイナー|企業のセールスプロモーションツール / 出版物 / Webなどのビジュアルデザイン担当|オンラインデザインスクール #ゾウデザ 主宰|デザイナー向けオウンドメディア運営(51万PV) | 1児のパパ|好物はコストコのパンと渋めのブラックコーヒー