福岡のデザイン事務所ANIK

トモヒビ福岡のデザイナーの情報発信ブログ

【Richo GR】 JPG撮って出しからRAW保存に撮影方法を変えてみたらヤバかった!

       
Pocket
LINEで送る

今までGRでの撮影はjpg撮って出しでした。

理由はファイル容量が軽いので、LINEとかですぐに画像を送れるから。

 

でも最近はRAW保存→Adobe Lightroomで現像のスタイルに変えてみました。


スポンサードリンク

GRの写りには満足してるけど

GRを使い出して3年ぐらいになりますが、買った当時から今までjpg撮影で何気なく過ごしてきました。

さすがにGR様様といったところで、画質も綺麗だし、特にストレスを感じることもありませんでした。

 

つい最近、たまたまRaw保存で撮影したのがキッカケでした。

 

GRのモニタ上では変化なし

Raw保存した写真をGRのモニタ越しに見るとjpgとの違いは特に感じませんでした。

むしろRaw写真の方が粒状感が強く見にくい感じがします。

 

撮影した写真を家に帰ってから、AdobeのLightroomで現像。

明らかに黒つぶれしてるだろうと思った写真も、鮮明に色が再現されたのにビックリしました。

 

GRの底力を感じずにはいられません。

またGRの描写力の高さをjpg保存の時とは比べ物にならないほど実感しています。

 

Instagramでの反応も上々

Raw保存で現像した写真のInstagram上での反応はjpg撮って出しよりも遥かにいいです。

素人目でも分かるぐらい、遠方の細かい描写までくっきり写り込んでいます。

jpg撮って出しだと細部はぼやけます。

 

後から写真の印象を変えられる

Raw保存で一番いいなと思うところは、現像する時に画質を劣化させずに、写真の色味や明るさを調整して、希望の雰囲気に変えられることです。

写真をとる時の楽しみと現像する時の楽しみ。

2回楽しめるのが素敵です。

 

唯一のデメリット

Rawはデータ容量が思いので、メモリーカードの容量がすぐ一杯になってしまいます。

旅行に行く時は、替えのメモリーカードを持参しておいた方がいいです。

 

また、人に送る時は一回現像してから送らないといけないので、時間と手間が2倍かかります。

 

まとめ

写真を楽しむという視点で考えるとRaw保存の方がじっくり写真に向き合える気がします。

また気が変わったらjpg撮って出しに変わってるかもしれませんが(笑)

 

しばらくGRの描写性能を楽しみながら、ばしばしシャッターをきりたいと思います。

でわ。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク