動画も写真も撮りたいならRicho GR一択!旅行や家族の思い出もコレ1つで十分

旅行や家族の思い出を記録に残したい時、ポケットサイズのRicoh GRというカメラがオススメです!

ぼくは仕事に行く時、家族で出かける時、常にRicoh GRを持ち歩いています。

 

Richo GRは起動が早く、撮りたい時にすぐ撮影でき、たくさんの思い出を記録として残すことができています。

 

ちなみに一眼レフも持ってるけど全く使ってません。

スポンサードリンク

Richo GRのメリットとデメリット

Richo GRのメリットとデメリットを簡単に纏めてみました。

 

▼メリット

  • ポケットに入るサイズで持ち運びしやすい
  • 一眼レフと同等の写真が撮影できる
  • デザインがカッコいい

 

▼デメリット

  • 望遠ができない

 

 

一眼レフは荷物になる

以前はNikonの一眼レフをよく持ち歩いていました。

首からぶら下げて、カメラを構えて、シャッターを切る。まだ子供が小さいので抱っこもしずらいし、とにかく大変。

 

ポケットに入るRicoh GRはサブ携帯の感覚で気軽に持ち運びできます。

 

 

画質は一眼レフと同等

小さいからといって画質が一眼レフに劣ると感じた事は一度もありません。

Richo GRはAPS-Cサイズ相当のCMOSイメージセンサーを搭載しているので、一眼レフの中級機と同等の画質で撮影できます。

 

カメラを選ぶ時に画質の良さを考えると思いますが、正直今の時代、どれも大差ありません。

仕事で肌の毛穴一つに気を配らないといけないとかいう状況でなければ、Richo GRで十分綺麗に撮影できます。

 

ちなみに動画もしっかり撮影できます。プライベートで使う分には十分すぎるカメラです。

 

 

デザインが硬派

Richo GRは過去に何度もバージョンアップを重ねていますが、カメラのデザインがほぼ変わっていません。

黒いフォルムで昔のフィルムカメラを連想させる硬派なイメージ。持っているだけで一目置かれるのは間違いありません。

 

実際にぼくもプロのカメラマンから進められて購入しました。プロの業界でもRicoh GRの人気度は高いようです。

 

 

唯一のデメリット

ぼくはデメリットと感じたことはありませんが、Richo GRは望遠ができません。

クロップという望遠を擬似的に行って撮影する機能は備えていますが、ほとんど使ったことはありません。

 

しいて言えば子供の運動会だけは難しいと思います。

ぼくはビデオカメラとの併用でデメリットをカバーしてます。

 

 

構えて撮影する写真に魅力は感じない

いちいち「ハイ チーズ」で撮影した写真でいいなと思う写真はあまりありません(個人的な感想ですが)。

子供も常に動き回るし、撮影するときに待ってくれませんし。

普段の動きの中で何気ない瞬間に以外な表情を見せたり、いい笑顔を見せたりします。

 

そんな瞬間を捉えるには一眼レフでは動作が遅く、Richo GRの機動性には敵いません。

またポケットから出してすぐ撮影できるRicoh GRはぼくにとっては最強のカメラだと感じています。

 

 

ミラーレスも候補にない

一眼レフより小ぶりなミラーレスも候補になると思います。

ただミラーレスですらぼくは荷物になると感じます。

 

やはりポケットに入るサイズというメリットはかなり大きいです。

意識しなくてもスマホを持ち出す感覚でストレスなく持ち運びできる。

Richo GRはいつも手元に置いておきたくなる。そんなカメラです。

 

 

瞬間を捉える事が一番大事

思い出を記録として保存する時にぼくが一番大事にしていること。

それは何気ない瞬間を捉えることです。きちんと並んで綺麗に撮られた写真より「こんな写真いつ撮ったの?」「こんな表情するんだw」みたいな反応をされる写真の方が見ていて面白いし、魅力的です。

 

そんな写真や動画を撮影するには、ぼくにとってはRicho GRが一番しっくりくるカメラです。

でわ。

リコーGRで1年撮りためた写真をブログで一挙公開! (レビュー付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ビジュアルデザイナー|企業のセールスプロモーションツール / 出版物 / Webなどのビジュアルデザイン担当|オンラインデザインスクール #ゾウデザ 主宰|デザイナー向けオウンドメディア運営(51万PV) | 1児のパパ|好物はコストコのパンと渋めのブラックコーヒー