福岡のデザイン事務所ANIK

トモヒビ福岡のデザイナーの情報発信ブログ

勉強法を徹底解説!3ヶ月独学でWEBデザイナーなれた具体的手法

       
Pocket
LINEで送る

WEBデザイナーになりたいけど、何を勉強すればいいのか分からない。
ググってもWEBデザイナーになる為の具体的な勉強法が記載されていない。

 

WEBデザイナーになる為の具体的な勉強法が知りたいですよね。

という事で今日は独学でWEBデザイナーに最短でなるための勉強法をご紹介したいと思います。

 

ちなみに僕は下記の方法で独学でWEBデザイナーになりました。


スポンサードリンク

目指すWEBデザイナーのポジションを明確にする

WEBデザイナーを大きく分けると、インハウスWEBデザイナー、クライアントWEBデザイナーの2つに分類できます。

インハウスWEBデザイナーの場合、新規のWEBサイト案件は少なく、どちらかというと既にあるWEBサイトの修正や運営がメインになります。

 

クライアントWEBデザイナーの場合、外部のクライアントからの依頼に対応する必要があるので、WEBサイト構築に関わるプロフェッショナルな技術を習得しておかなければなりません。

こーして欲しいという要望に迅速に対応するスキルが求められます。

 

まずは目指したいWEBデザイナーを明確にしてみましょう。

ゴールがはっきりしているとそれに向かってどういう勉強をすればいいか具体的に考えることができます。

 

 

実際の求人情報を確認する

「WEBデザイナー 求人」で検索すると多くの求人情報をチェックすることができます。

会社の規模や事業内容によってWEBデザイナーでも仕事内容は様々。

 

そこで会社が求める「必須スキル」が必ず掲載されているので、まずは自分に足りないスキルを確認してみましょう。

一般的にはインハウスWEBデザイナーとクライアントWEBデザイナーでは後者の方が難易度の高いスキルが要求されます。

 

 

さらに仕事範囲を絞り込む

WEBデザイナーの仕事を細かく分類すると、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、デザイナー、コーダーと呼ばれる職種があります。

 

デザイナー

主にWEBサイトのデザインを担当。コーディングしやすいようなデザインを意識しないといけないので、htmlやcssの知識も若干必要。

 

コーダー

デザイナーから上がってきたデザインをhtmlとcssを使って、WEBサーバにアップ。

 

フロントエンドエンジニア

主にWEBサイトのUIやアニメーションを考え、構築するエンジニア。jQuery/React/Vue.jsといったjavascriptの深い知識が必要。一般的なWEBサイトならjQueryがあれば概ね問題ありません。

 

バックエンドエンジニア

主にサーバー側の処理を構築するエンジニア。

phpのようなサーバサイド言語の習得が必要。

データベースを操作するSQL言語の知識も必須。

案件数はphpがダントツ。

現在の流行はphytonですが、僕もまだ未開拓の言語です。

 

といった具合にWEBデザイナーの仕事内容は上記の通り多岐に渡ります。中小企業だと一人で全部担当しているケースもあります。

 

ちなみに僕もデザインから納品まで一人で作業しています。これは職場によってまちまちなので、求人応募する時にどこまでの仕事を担当するのかきちんと確認をとってから応募することをおすすめします。

 

 

スタートはデザインから

WEBデザイナーになる為の最初の一歩はデザインです。

「サイト 参考」でググると流行のWEBサイトをチェックできます。

 

いきなり企業のホームページはハードルが高いので最初はLPのデザインから取り掛かるのがオススメ。「LP 参考」とかで検索してみましょう。

LPは1ページで完結するサイトがほとんどなので、デザインを作成するのもあまり時間がかかりません。

 

最初のうちは模写をしてとにかく同じデザインを作れるようになりましょう。photoshopやillustrator、adobe XDもデザインツールとしては最適です。

僕はillustratorで作成してます。

 

 

htmlとcssは前菜

WEBサイトは積み木と同じ原理なのでhtmlでブロックを作ってcssで積んでいくイメージです。htmlとcssは使えて当たり前の感覚になるまで書いて覚えましょう。

参考書を1冊やりこめば概ねインプットされます。

 

 

jQuery

最近のWEBサイトはアニメーションだらけです。

静的なサイトは全く見かけなくなりました。htmlとcssで静的サイトは作成できます。

 

静的サイトにアニメーションを追加するにはjQuery(javascript)というプログラミング言語を使って動的にしていきます。

jQueryでググれば参考になる情報が沢山あります。

 

一気に習得するのは難しいので、どういう動きをつけたいか、その動きのjQueryコードをググって探す。の繰り返しです。

 

 

PHPとSQLでデータベースと連携

サーバーサイドで一番有名な言語はPHPで、参考サイトもめちゃくちゃ多いです。

WordPressでも親しみがありますが、ログイン機能やメールフォームをカスタマイズする時にデータベースの連携が必要になります。

 

ロリポップなどの安いレンタルサーバーを借りて、データベースを作って、PHPとSQLでデータベースからデータを取得したり、更新、削除したりする一連の流れをマスターしましょう。

 

 

あとは職場次第

もし働き先がスタートアップ等で最先端のWEBサービスの開発をやってる場合は上記の勉強法以外にもプラスアルファで習得しなければならないプログラミング言語があるかもしれません。

 

僕が働いている会社は今日紹介した内容である程度業務をこなせます。

ちなみに僕は別のアルバイトをしながら3ヶ月程上記の勉強法を実践してWEBデザイナーとして雇ってもらえるようになりました。

 

職場次第で必要なスキルが変わってくるので、最低限のWEBデザイナーのスキルは習得しておいて、あとはケースバイケースで対応していくのが理想的なWEBデザイナーに最短でなる為の勉強法かなと思います。

でわ。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク