About

今までの経歴

大学卒業後、大手電話会社へ就職。そこでは光回線の設備工事をしてました。入社して1年半、会社がいきなり自己破産申請、自主退職を募り出したので先行きが見えず退職。それから1年はアルバイトを転々とし、24歳の時、未経験で今勤めている会社へ入社しました。

電話対応もまともにできないへっぽこでしたが奇跡的に雇ってもらい働きながら独学でWEBデザインとコーディング学びました。

外部のクライアントとマンツーマンでやりとりする中で、企画、ディレクション、撮影などを経験しました。

1社しか経験していないけど、何もできなかったわたしに経験とスキルを学ばせていただき感謝しかありません。

会社員の傍ら個人でも活動

そして今は、会社員の傍ら複業でサイト制作やデザインを受けるように。また、デザイナーの育成を目的としたオンラインサロンを運営しています。

デザインや経験の幅をもっと広げたい、デザイナー個人としての社会的価値を知りたい、お小遣いが少ないから何とかしたいという気持ちが高まり、個人で活動するようになりました。

本業の隙間時間にブログやSNSでスキルのアウトプットや情報発信で外部の方と繋がりを持つようにしています。

私にできること

写真撮影

・商品撮影(飲食店メニュー)

・ビジネス撮影(WEBサイト用素材)

WEBデザイン

サイト構築

グラフィックデザイン

・名刺、DM

・パンフレット、フリーペーパーなど

デザイナー育成

・オンラインサロン運営

複数のわらじを履く理由

1つの案件には最初から最後まで関わりたい。そんな好奇心旺盛な性格が沢山のわらじを履くきっかけに。

正社員デザイナーとして働いている時から、デザインもWEBだけではなくグラフィック制作、コーディング、写真撮影など。仕事をこなす中で必要なスキルを身につけてきました。

色々やっていったのは『デザイナーとしての役割をきちんとこなしたい』と思う気持ちが大きかったから。

全てが中途半端にならないかなと迷った時期もありました。デザイナーは分業制の人が多く専門的な分野を極めていくのが一般的だから。でも案件をこなす中で1つのスキルに特化した技術が求められる機会はなく、どちらかというとあれもできる?これはどう?といったマルチに仕事をこなせるスキルの必要性を感じていました。

自身のキャリアで社会貢献できないか。同じ方向性を持った人達と刺激をうけながら自分も成長したい。そんな思いでデザイナー育成を目的としたオンラインサロンの運営もはじめました。

異業種から未経験でデザイナーになって、スクールも高いので通えず、独学でスタートしたわたし。

そんなわたしを育ててくれたのは、会社であり、社外で知り合ったデザイナーの方たちでした。1人ではデザイナーを間違いなく続けることはできませんでした。家族の支え、会社や社外の皆さまのおかげだと思います。

ほんとにありがとうございます。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。デザイナーとしてこれからも日々精進しながら頑張っていこうと思います。お仕事の依頼・相談お待ちしてます。

Service

2020年4月21日