ブランディングをお手伝いする福岡のデザイン事務所|ANIK

BLOG

仕事を辞めたいと思っているグラフィックデザイナーへ

上司の言っている事が意味不明。 指摘された通りに修正したのに文句を言われる。 グラフィックデザイナーになってこの様な経験をした事はありませんか? ぼくも最初の頃はうまく行かない事がたくさんありました。 今日はグラフィックデザイナー初心者によくある悩みと解消法をご紹介したいと思います。  

指定された通りにデザイン修正したはずなのに怒られる

上司から「ここのデザインを赤に変更して」と言われたらどうしますか?指摘された所だけ赤に変更して上司に提出していませんか? それだとたぶんNGです。 あなたの上司が「赤くして」と言った意味の本質を考える必要があります。 きっと指摘した箇所をもっと目立たせたい。 そういった意味を含めて例の一つとして赤くしてと言ったのだとしたら? デザインパーツを増やしたり、色味を赤以外にしてみたりとあなたなりにいろんな方法を試してみて下さい。 その中で一番しっくりきたものを上司に見せてみましょう。 今までとは違った反応が得られるかもしれませんよ。  

怒られ過ぎてテンションが上がらない

人は怒られ過ぎると委縮してしまいますよね。 委縮するとデザインにも顕著に現れて来ます。失敗を恐れて面白みのないありきたりなデザインになりがち。 でも初心者の頃は怒られて当然です。 失敗をたくさん経験して、あなたの中でのOKパターンとNGパターンの蓄積に励む事をオススメします。 あなたなりのモチベーションを維持する方法を見つけておくと仕事が少し楽になります。 ちなみに僕のモチベーションを維持する方法はインスタを見ながらニヤニヤするです。  

デザインを人に見られるのが嫌になる

自分の作ったデザインが良いのか悪いのか分からない。 ダメだしされるから誰にも見せたくない。 そんな時ありますよね。 グラフィックデザイナーを続けていくためには「人に評価されるものを作る」というのが大前提です。 「なにこれ?逆にどう思うの?」といったダメ出しもあると思います。 僕は昔毎日言われてました(笑) しかし先ほども言いましたが、失敗の時こそ得られるものがあります。 ダメ出しされる理由をあなたなりに分析し、その経験を次のデザインに活かせる様にしましょう。  

仕事に行きたくなくなる

ここまでくるとあなたの心はダークサイドに落ち気味です。 そんな時は思い切って仕事を休みましょう。 「もしもし、今日はちょっと会社に行きたくないのでお休みしてもいいですか?」と上司に正直に連絡しましょう。 嘘はすぐバレますよ。 会社にとって辞められるよりはましです。 デザインは短期間では上達しません。 勘違いしないで欲しいのは、あなたの上司はあなたが嫌いでは無いってこと。 グラフィックデザイナーに必要な資質を養ってもらう為に、口をすっぱくして注意しているだけなんです。 ダークサイドに落ちないよう気をつけながら、もう少しだけ頑張ってみませんか?  

最後に

偉そうにいろいろ書いて来ましたが、自分も未だに落ち込む事が多々あります。 言い訳を考えて、自分を正当化しようとします。 しかしそういった事全てが仕事ではマイナスの効果をもたらします。 自分の中で立て直す方法をいくつか持っておくといいですよ。 楽しんで仕事に取り組める環境を築く事が、あなたにとっても会社にとってもプラスになります!

ANIK
1983年生まれ。 独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間デザイン業務に携わる。 ホームページ、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。 2017年よりANIKという屋号でブランディングの総合的なサポートをメインに個人活動を開始。 性格は真面目、温厚で自然が大好きです。