福岡のブランディングデザイン事務所|ANIK(エイニック)

日々えいにっく

リコーGRで1年撮りためた写真をブログで一挙公開! GRの設定や使い方の解説付き

Pocket

たまたま仕事でお会いしたプロのカメラマンさんがぼそっとつぶやいたんです。

「プライベートだったらやっぱりリコーのGRがオススメですね!」って。

 

それをこっそり聞いていた僕はすぐにカメラ屋さんに行き、GRを衝動買い。

GRを一言で説明すると、少しズームが苦手なポケットサイズの一眼レフです。

 

そんな衝撃的な出会いから早1年。

特に用事がない日でも、リコーGRを持って外出する機会が増えました。

ということで今日は僕が1年で撮りためた写真をリコーGRの設定や使い方も踏まえてご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

 

夜間撮影

まずは誰でも一度はやってみたい夜の撮影。

リコーGRは夜間でもフラッシュなしで楽々撮影できます。

 

駅の屋上

最初は駅の屋上での1枚。

ブルーのイルミネーションが幻想的だったので思わずシャッターをきってみました。

 

駅の屋上 Ricoh GR

リコー GR F/6.3 5s ISO100

 

 

神社

続いて、夜の神社。

この日は小雨がふっていたので、光の反射が綺麗でした。

今度は三脚を使ってゆっくり撮影してみたいですね。

 

夜の神社 Ricoh GR

リコー GR F/2.8 1/40s ISO5000 -0.7ev

 

 

埠頭

シャッタースピードを長めにとり、光の軌跡を写し込みました。

 

埠頭 Ricoh GR

リコー GR F/5.6 15s ISO100

 

 

風景

境内の庭

紅葉を見にいこうと思い、有名なお寺へ。

と思ったら、もう見ごろは終わってました(笑)

せっかくなので、境内を散策。

その途中で撮影した一枚。

 

境内の庭 Ricoh GR

リコー GR F/8.0 1/15s ISO12800 -0.3ev

撮影はAv(絞り優先)モード

カメラ内のRAW現像を使って、エフェクトはクロスプロセスのイエロー

ホワイトバランスは白熱灯2を使用。

 

 

ただの木の裂け目も低めの視線から近づいて撮れば、迫力ありますね。

 

木 Ricoh GR

リコー GR F/5.0 1/4s ISO100

 

 

さくら

背景のぼけ具合もいい感じのリコーGR。

クロップ(ズーム機能みたいなやつ)とマクロ撮影(近距離撮影モード)の併せ技です。

 

さくら Ricoh GR

リコー GR F/2.8 1/1000s ISO100

 

 

ハイコントラスト白黒写真

リコーGRは通常の白黒とハイコントラスト白黒という2種類の白黒撮影ができます。

ちなみに通常の白黒はこんな感じ。

 

白黒 Ricoh GR

 

続いてハイコントラスト。

 

 

ターンテーブル

私物のDJ用のターンテーブルを引きずりだして、接近で撮影。

 

ターンテーブル Ricoh GR

リコーGR F/5.0 1/4s ISO100 ハイコントラスト白黒

マクロ撮影モードで、手前をくっきり、距離の遠いものをぼかしています。

最近はISO100縛りにはまってます。

 

 

チンパンジー

続いて近所の動物園で撮影した、お疲れ気味のチンパンジー。

 

チンパンジー Ricoh GR

リコーGR F/2.8 1/125s ISO100 ハイコントラスト白黒

 

 

郵便ポスト

メッキの剥がれた雰囲気のある郵便ポスト。

傷んだ物や汚れた物は、白黒がよく似合います。

 

郵便ポスト Ricoh GR

リコーGR F/9.0 1/40s ISO100 ハイコントラスト白黒

 

 

線路

線路ってストーリー性を感じますね。

 

線路 Ricoh GR

リコーGR F/16.0 1/60s ISO100

 

 

コンテナ

ISOが5000超えると、さずがにノイズが目立ちます。

 

コンテナ Ricoh GR

リコーGR F/2.8 1/40s ISO5000

 

 

楽しすぎる

リコーGRを手に入れてホヤホヤの時期。

とにかくシャッターを押すのが楽しくてしょうがなかった。

 

Ricoh GRで撮影した神社

 

Ricoh GRで撮影した階段

 

 

動かないでほしい

生きているものを撮影する難しさを感じた。

 

Ricoh GRで撮影した豹

 

Ricoh GRで撮影した鹿

 

 

このゴリラは鼻くそ食べてた。

 

Ricoh GRで撮影したゴリラ

 

 

行く先々で

何気ない景色が一枚の絵になる。

リコーGRのおかげで知ることができた。

 

Ricoh GRで撮影したカフェの景色

 

Ricoh GRで撮影した落ち葉

 

 

歴史が気になる

リコーGRを手にしてから、趣のある空間についつい足を運んでしまう。

 

Ricoh GRで撮影した城

 

Ricoh GRで撮影した絵描き人

 

 

公園love

公園なんて行くがらじゃなかったのに。

 

Ricoh GRで撮影した公園の鳩

 

Ricoh GRで撮影した枝

 

 

空気がおいしい

時間を忘れて、自然の空気を感じる機会が増えた。

 

Ricoh GRで撮影した海

 

Ricoh GRで撮影した犬

 

 

いざ街へ

用もないのにおしゃれな街に足を運んで、リコーGRのシャッターを切る。

 

Ricoh GRで撮影した自転車屋

 

Ricoh GRで撮影した路地裏

 

 

夜もじっとしてられない

リコーGRの偉大さを感じることができるのが夜。

iPhoneでは決して撮れない領域。

 

Ricoh GRで撮影したホタル

 

 

ただのビルが絵になります。

 

Ricoh GRで撮影したデパート

 

リコーGRが好き

1年使ってみてあらためて思いました。

リコーGRが大好きです。

写真の奥深さ、旅の楽しさを教えてくれたGRに感謝ですね。

 

Ricoh GRで撮影した足

 

 

まとめ

リコーGRを1年使い続けて、こいつとは一生付き合っていけると感じました。

望遠は弱いけど、身近な景色を最高のレンズで切り取ってくれる。

僕には十分です。

 

やる気マンマンでがっつり構えて撮影するカメラじゃなく、気楽に楽しめるところが僕のゆる〜い性格に合っています。

カメラ2年目は、写真の構図やテーマを意識して、ウンチクを勉強しながら楽しんでみようと思います。

 

GRユーザーの方はこちらの記事もよろしければ。

Ricoh GRを1年使用した僕のオススメ設定をご紹介!

スポンサードリンク

Pocket

お問い合わせはこちら