福岡 春日市のデザイン事務所|小さな会社のブランディングならANIK

福岡のブランディングデザイナーのブログ

見た目の違和感に気づく事が大事

Pocket

福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡・春日市のブランディングデザイナー / 小さな会社のブランドつくり専門家。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間、飲食系デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行うデザイン事務所を設立。

デザインも写真も一目で違和感を感じるかどうかで、それを見た人のデザインセンスがはっきり分かります。

プライベートならどう感じても問題ないんですが、仕事となれば話は別です。

一般的な良し悪しの感覚がないとただの自己満で終わってしまいます。

 

最近は「◯◯する方法」みたいな方法論が先行しがちですが、なぜ◯◯しないといけないのか?

その理由に気づけるかどうかが一番大事だったりします。

 

方法を知っててもそれを今やるべきか判断できなければ、ただの頭でっかちになっちゃいます。

方法よりも違和感に気づく力を養う事が大事かなって思います。

 

デザインだけでなく、どんな仕事でも違和感に気づく人はそれだけで武器になる!

Pocket

過去の制作実績はこちら
福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡・春日市のブランディングデザイナー / 小さな会社のブランドつくり専門家。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間、飲食系デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行うデザイン事務所を設立。