福岡のホームページ制作事務所|ANIKは人に優しいWEBデザインを心がけています

ANIKの代表BLOG

【レビュー】NikonD5500とRicoh GRを実際に1年使用して比較検証してみた

Pocket

結果から言うとRicoh GRっていうポケットサイズの高級コンデジの使用頻度が圧倒的に多かったってこと。

1年前に衝動買いしたのがNikonD5500っていう初心者用の一眼レフ。

Ricoh GRはそれよりも前から使ってました。

 

どっちも同じくらいの値段。

画像の綺麗さもほぼ一緒。

これから一眼レフカメラを購入しようとしてる方は参考にしてみてください。

 

NikonD5500とRicoh GRの性能はほぼ同等

カメラの画像の綺麗さを決めるイメージセンサーとよばれる大きさ。

NikonD5500とRicoh GRはAPS-Cっていう規格で同じなんです。

つまり画像の鮮明さはどっちも同じってこと。

 

見た目は一眼レフの方がイカついから綺麗に映りそうなんですけどね。

性能を比較しないで一眼レフ=すごいっていう印象で衝動買いしちゃう人も多いと思います。

 

ファインダーを覗きたい・レンズ交換したい人はNikonD5500

もし写真を撮る時にファインダーがないと嫌だ、いろんなレンズで撮影したいって人は迷わずNikonD5500をオススメします。

だってRicoh GRはファインダーはないし、レンズ交換できないから(笑)

正確にはファインダーだけは後付け出来るんですけどね。

ちなみに僕は圧倒的にRicoh GRを熱愛してます。

 

僕がRicoh GRを熱愛する理由

まず、Ricoh GRは何と言っても単焦点の28mmレンズ。

単焦点レンズはズームレンズより画質が綺麗なんです。

それでいて28mmという必要なものは手軽に枠内に収めることができる万能レンズ。

スナップ写真に最適なんです。

 

NikonD5500の最初についてくるレンズキットはズームレンズの18mm-55mm。

1年間どっちも使ってみたけど、しっくりくるのはRicoh GRでした。

 

Ricoh GRはポケットに入る一眼レフ

Ricoh GRはポケットサイズで一眼レフ並みの描写です。

ファインダーがなかったり、レンズ交換できないし、ズームもあんまりできません。

 

ただこの3つの事って僕にはどれも必要ないことだったりするんですよね。

別にファインダー覗かなくてもモニターみればいいし、レンズ交換ない方が交換レンズ持ち運びしなくてすむし、ズームできないなら歩いてよればいいだけ。って考えるとRicoh GRを選ばない理由がなくなるんです。

 

子連れでお出かけするならRicoh GR

子連れでお出かけする時ってめちゃくちゃ荷物多いですよね。

そんな時にでっかい一眼レフを持って子供抱えてってなるとホントに大変です。

 

それならポケットにカメラ収めてさくっと外出して、一眼レフと同じ画質で撮影できるRicoh GRで十分かなって思います。

 

最後に

カメラを始める時って無意識に一眼レフを買う傾向があるけど、実用的なのは断然小さいコンデジです。

特にオススメなのがRicoh GR(笑)回し者ではございません。

一眼レフの入門機を検討されている方はぜひRicoh GRも手にとってみることを激しくオススメします。

Pocket

ホームページ制作のお見積もりやご相談はこちら(無料)

制作物に関する事、Web対策などお気軽にお問い合わせください。
ANIK
1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行えるデザイン事務所を福岡で設立。