福岡のホームページ制作事務所|ANIKは人に優しいWEBデザインを心がけています

ANIKの代表BLOG

給食サービスのブランディングに携わってます

長崎の給食サービスのブランディングに携わってます
Pocket

先週から長崎の給食サービスのブランディングに携わらせていただいてます。

 

ブランドブック、商品カタログ、チラシ、名刺などなど。

 

昨日クライアントさんにラフデザインを提出しました。

 

今日は僕がブランディングを一から携わる際の流れをざっくりご紹介したいと思います。

1. テーマを決める

まずはクライアントさんがどこを目指しているのかを明確にします。

 

これがないと全体の軸がぶれ、何が正解で何が間違いかの判断がしにくくなります。

 

今回の長崎のブランディングの際は、ひとまず自分で考えたテーマを設定しました。

 

2. ラフデザインの作成

決まったテーマをもとにイメージを膨らまし、デザインを起こしていきます。

 

相手にこちらが意図しているデザインの方向性を伝えるには、ある程度の作り込みが必要かなと個人的には思ってます。

 

3. クライアントさんと方向性のすり合わせ

クライアントさんとラフ案をもとに、デザインと内容のすり合わせを進めていきます。

 

デザイナーとしてはここが一番緊張します。

 

お互いの意識を合わせていかないと、クライアントさんが意図するものができにくかったりなんて事も。

 

かといって全ての意見を聞いていたらいびつなデザインになるので、ある程度デザイナーがリードして提案していく事が大事かなと思います。

 

4. デザインの作り込み

クライアントさんとすり合わせが終わったらあとはデザインを作り込んでいくだけ。

 

あーでもない、こーでもないと自問自答しながら納得のいくデザインに仕上げていきます。

 

5. 納品

デザインが仕上がったらクライアントさんに納品して最終チェックをしていただきます。

 

こんな感じでブランディングの一部が進行していきます。

 

ブランディングは単発の対策だけでは成果がでにくいので、クライアントさんと継続的なお付き合いが重要なんです。

Pocket

ホームページ制作のお見積もりやご相談はこちら(無料)

制作物に関する事、Web対策などお気軽にお問い合わせください。
ANIK
1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行えるデザイン事務所を福岡で設立。