福岡 春日市のデザイン事務所|小さな会社のブランディングならANIK

福岡のブランディングデザイナーのブログ

これからどう生きたいか考えてみた

私に仕事をください。Webデザインの仕事募集中です。
Pocket

福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡・春日市のブランディングデザイナー / 小さな会社のブランドつくり専門家。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間、飲食系デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行うデザイン事務所を設立。

どうも、Tomoharu(@tomoharu58)です。

今年で34歳になり、来月第一子も生まれる予定です。

少し遅咲きのパパデビュー。

 

実感はあまりないし、早く子供に会いたいっていう気持ちも大きいのが正直なところです。

これから家族が一人増えてどんな生活になるのか楽しみです。

家族と一緒に過ごす時間を増やしたい

自分くらいの年になると家族と仕事とどう関わっていくか。

真剣に向き合う時期が誰にも一度は訪れると思います。

 

僕は嫁と子供とできる限り一緒にいたい。

そう思います。

 

そのための仕事だし、家庭を犠牲にして仕事に没頭するっていうスタイルは僕には合わないのかな〜と思ってます。

親の世代は仕事は真面目に頑張りなさいと言いますけどね(笑)

 

家族と幸せになる為にはどうすればいいか。

ここ数年ずっと考えてます。

 

そして自分が思い描く将来に向けて、日々生活しています。

 

 

 

デザイナーとして生きていきます

僕は23歳の頃に脱サラしてデザイナーになる事を自分で決めました。

アルバイトの雑用から始まり、少しずつデザイン業務をふられるようになっていきました。

当時は自分のペースがわからず働きすぎて体をこわし、病院へかつぎこまれた事もあったよーな(笑)

 

最初は先輩の言ってる意味が全然わからず、よく反抗してました。

会社に生きたくないって言って会社を休んだ事も。

今思えば子供だったな〜と少し反省してます。

 

それでもデザインは辞めませんでした。

自分でやるって決めたから。

 

そんな負けず嫌いな一面があるみたいです(笑)

 

 

 

一人で家族を養うにはどうすればいいか考えた

一人でデザイナーとして仕事をしていくにはどうすればいいか?

自分をブランディングして、価値を高めていくしかない。

そう思い、ブログを始めたり、ランサーズで仕事をしたり、ホームページを立ち上げたり。

 

改めて思うのは、個人の力でお金を稼ぐのは会社員よりもめちゃくちゃ難しいってことです。

株式会社の○○ですっていう魔法の言葉も使えません。

信用って大事だな〜とつくづく思います。

 

 

 

一番身近な人と楽しく暮らせればそれでいい

社長になって年商数億円稼ぎたいとか大それた夢はありません。

自分がちょっぴり世間の皆様の役に立てて、大好きな家族を守っていければそれで十分です。

 

自分と家族がおもいっきり楽しく過ごせる時間にできる限り費やしたいな〜と思ったりもしてます。

 

 

最後に

なんでこんな堅っ苦しい事考えないといけないんですかね。

頭がいっぱいいっぱいでパンクしそうになる時もあります。

だって人間だもの。

もっと楽に生きられないのかなって。

 

10年後にめっちゃ楽しいライフスタイルを満喫してたいな〜(笑)

 

とりあえず体が元気なうちは、自分がこうしたいって事には逃げずに向き合っていこうと思います。

Pocket

過去の制作実績はこちら
福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡・春日市のブランディングデザイナー / 小さな会社のブランドつくり専門家。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間、飲食系デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行うデザイン事務所を設立。