Laid Back Design脱サラ→フリーター→WEBデザイナーのデザイン系情報ブログ

Illustratorで容量の軽いPDFを簡単に作成する方法を調べてみた!

Pocket

Illustratorで書き出したPDFをメールで送ろうとすると、容量が重くて送れない。

そんな時はPDFプリセット、Illustorator編集機能、圧縮の3つの設定を変更するだけで、メールに添付できる容量の軽いPDFが簡単に作成できます。

 

先日、仕事中に調べて、たまたま発見したんですが、とっても楽チンです。

8年間デザインのお仕事してても、未だに新しい発見ってあるもんですね。

ではいってみましょう。

スポンサードリンク

 

PDFファイルが重い原因

メールに添付するファイルの容量は、だいたい2MBまでが一般的。

これ以上になると、受信するのも時間がかかって、相手に迷惑をかけちゃいます。

 

今まで、Illustratorで書き出したPDFは、オンラインの無料圧縮サービスなんかを利用して容量を小さくしていました。

細かい事なんですけど、地味に手間がかかる。

そんな感じでした。

 

ちなみにPDFが重たくなる原因は、この2点です。

 

1.Illustratorの編集機能を保持したまま、PDFで保存している。

2.画像がWeb用に最適化されていない。

 

Illustratorって印刷物の作成で頻繁に使用するソフトなので、全体の設定がWeb用には最適化されていません。

 

なのでPDFを書き出す時も、設定を少し変える必要があるんです。

それでは実際にPDFの書き出し方法について紹介したいと思います。

 

 

必ず複製で保存

IllustratorのファイルからPDFで書き出す際は、必ずメニューから[複製で保存]を選択します。

 

[別名で保存]だと、現在開いているIllustratorファイルがPDFに変換され、後から追加編集する場合、元のIllustratorファイルを再度開き直す必要があります。

 

[複製で保存]の場合、開いているIllustratorファイルはそのままで、コピーファイルとしてPDF保存されます。

 

後から追加編集する場合でも、開いているIllustratorファイルを続けて編集できるので、ファイルを開き直す手間が省けます。

 

 

プリセット設定

Adobe PDF プリセットの項目を[最小ファイルサイズ]に設定。

 

small

 

[Web表示用に最適化]のみにチェックが入っている状態になっていればOKです。

 

 

圧縮設定

圧縮を選択すると、埋め込まれる画像の画質などを設定できます。

 

圧縮設定

 

基本的にはこのまま[PDFを保存]で大丈夫です。

ダウンサンプル(バイキュービック法)は、圧縮しても滑らかな色の表現を保持してくれます。

 

圧縮方法はいくつか選択できますが、頻繁に使うのは、ダウンサンプル(バイキュービック法)です。

 

100ppiや150ppiという数値は、画像の解像度を表すもので、PC用の画像解像度は72ppi。

印刷物になると350ppi程度の解像度が必要になります。

 

解像度を簡単に言うと、画像のきめ細かさ。

数値が高いほど、画像がきめ細かくなり、容量も大きくなります。

 

解像度はweb用なら72、印刷用なら350と覚えておけばとりあえず大丈夫です。

 

 

ファイルサイズの比較

同じIllustratorのファイルですが、左が何も設定せずに保存したPDF(4MB)

右がプリセットの設定を[最小ファイルサイズ]で保存したPDF(192KB)

 

different

 

同じPDFでもこれだけファイルサイズに差が出ます。

PCやスマホで閲覧するだけの場合は、[複製で保存][最小ファイルサイズ]でOK。

 

 

iPhoneやiPadで閲覧する場合

Illustratorから書き出したPDFは、iPhoneやiPadで開くと、色合いが変わって見える場合があります。

そんな時はこの設定を行っておけば大丈夫です。

 

プリセットは先ほどと同様、[最小ファイルサイズ]を選択。

左の項目から出力を選んで、出力先を[sRGB IEC61966-2.1]に設定します。

 

iPhoneの場合のPDF出力設定

 

 

つづいて、左の項目から圧縮を選びます。

解像度の数値の設定を下記の通りに設定。

画質は[最高]に設定しましょう。

 

iPhoneの場合のPDF圧縮設定

 

[PDFを保存]で終了です。

iPhoneやiPadで閲覧する場合だけ、画像解像度と出力設定を変更する必要があります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

僕は今まで、IllustratorのファイルをPhotoshopで開いてPDFを作成していました。

Illustratorで書き出したPDFはめちゃくちゃ重くなるっていう先入観。

すぐ捨てました。

 

知らなかった方は今日から是非試してみてくださいね。

でわ。

スポンサードリンク

Pocket

お問い合わせはこちら