ブランディングをお手伝いする福岡のデザイン事務所|ANIK

BLOG

飲食店メニューの上手な作り方5選!売上げを伸ばすコツは写真の魅せ方だけ

飲食店のメニュー表。

美味しそうな写真のせていますか?

 

文字だけのメニューだと、お客さんが何の料理なのかイメージしずらいです。

分かりずらいお店だなって印象を持たれ、リピーターになってもらえません。

 

ってことで、今日は写真を上手に使った魅力的なメニュー表をデザイナー目線の感想を踏まえながらご紹介したいと思います。

 

1. カレー屋のメニュー

 

Spicy

 

映画のポスターみたいですね。特に下部のタイトル部分の作り込みがGOOD。

色使いも印象的です。

「ふきぬけるかぜ」を文字組で上手く表現しています。

カレーの写真のスパイス部分から色を吸って、タイトル部分で使用しています。

配色に困った時は、写真で使われている色を他の要素で使用すると、まとまり感のある仕上がりになります。

 

 

2. 魚屋のメニュー

 

鮮魚

 

背景に和風のテクスチャを敷き、縦書きと余白で落ち着いた雰囲気を演出。

刺身の写真がアイキャッチになって印象的でグレーの背景に映えますね。

 

写真が綺麗だと見る人への訴求力を一層高める事ができます。

また、おすすめメニューは写真を使って大きく掲載し、お客の目線を意図的に誘導するのがオススメ。

 

 

3. パスタ屋のメニュー

 

カルボナーラ

 

写真の置き方がおしゃれ。

同じ要素を繰り返し配置し、規則性を持たせる事でまとまりのあるメニューに仕上がっています。

 

 

氷イタリー麺

ちなみにこちらも同じテクニックで作成されています。

 

 

4. ステーキ屋のメニュー

 

ステーキ

 

見開きのA3サイズぐらいのメニュー表ですね。ファミレスなんかに置いてそう。

カイノミやソースの説明を掲載し、こだわりのあるお店なんだという印象を持ってもらえる様に工夫されています。

料理の説明や、生産地などの情報を盛り込むと、安心して食事ができますね。好感を持たれる要因の一つです。

 

 

5. 吉野家のメニュー

吉野家

 

中国の吉野家っぽいですね(笑)

食欲が損なわれる一般的には敬遠されがちな青色をメインで使用。

しかしこのメニューはコントラストが強く鮮やかな印象を受けます。同じ青でも質感のある少しグリーンに近い色味なので、全く嫌味な感じはしません。

豚のイラストもかわいいですよね。

遊び心を感じる素敵なメニューです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

メニュー表には必ずおいしそうな写真を載せましょう!

さらに一番オススメのメニューは一番大きく!

 

文字だけでは、初めて来てくれたお客さんにはちょっと不親切。カルパッチョって言われても、おじいさんやおばあさんは何のこっちゃ分かりません。

あと、メニューで使う写真は一眼レフのようなちゃんとしたカメラで撮影しましょう。できるだけ自然光を取り入れて撮影すると、いい感じのメニューに仕上がります。

 

ちなみに僕が普段メニューを作るときはイラストレーターっていうグラフィック系のソフトを使用します。慣れれば簡単なのでもし興味があればチャレンジしてみてくださいね。

ANIK
1983年生まれ。 独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間デザイン業務に携わる。 ホームページ、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。 2017年よりANIKという屋号でブランディングの総合的なサポートをメインに個人活動を開始。 性格は真面目、温厚で自然が大好きです。