福岡のブランディングデザイン個人事務所|ANIK(エイニック)

日々えいにっく

毎日ココだけ見てます!僕のGoogle Analyticsの使い方

Pocket

福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。

Google Analyticsって導入は簡単だけど、その後は放置ってパターンが多いですよね。

僕はブログを始めてから、とりあえず毎日Google Analyticsを眺めています。

 

何をしてるかって?

ただ気になる所を見るだけです。

 

さすがに毎日数字を見てると、たまに違和感に気づく事があります。

今日は僕がGoogle Analyticsで何を見ているかご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

1. オーガニック検索トラフィック

やっぱり一番気になるのは、YahooやGoogleからの検索流入です。

当面の目標は、ここの数字を増やす事ですね。

左のメニューから[集客]→[オーガニック検索]で確認できます。

オーガニック検索トラフィック

このページを見るだけでも、いろいろな情報が得られます。

例えば、キーワードの5番目に表示されている「趣味カメラオススメricoh gr」で検索したユーザーは、ページセッションが2、平均セッション時間が1分7秒。

 

このブログに少し興味を持ってくれたのかな〜と予測できます。

まぁそんな些細な出来事はどうでもいいんですけど。

 

キーワードのnot providedは、ユーザーの検索キーワードが読み取れなかったという項目です。

https(暗号化通信)のURLを使用されると、not providedにカテゴライズされます。

 

ちなみにgoogleアカウントにログインしている状態だと、https通信になります。

 

 

 

2. 集客サマリー

[集客]→[サマリー]では、どこを経由してあなたのサイトに訪問したか一目で確認できます。

集客サマリー

Directは、ブックマークやURLの直打ちでの訪問。

Socialは、TwitterやFacebookといったSNSからの訪問。

Referalは、何らかのサイト経由からの訪問。

Organic Searchは、YahooやGoogleなどの検索エンジンからの訪問。

 

それぞれの項目をクリックすると、さらにどのソーシャルサイトからの訪問なのか、どのサイトを経由したのか、詳細を確認できます。

僕の場合、Organic Searchが少ないので、記事数を増やして、検索に引っかかるようにするのが、いまのところ最優先事項です。

 

 

 

3. 行動サマリー

[行動]→[サマリー]では、あなたのサイトのどのページにアクセスが集中しているか確認できます。

行動サマリー

ここでは、アクセス数の少ない記事をリライトしたり、削除したりといった対策を立てる事ができます。

 

 

サイトコンテンツ

さらに、[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]で、各ページごとの滞在時間や離脱率といった情報も閲覧できます。

サイトコンテンツ

ページビューが多いにもかかわらず、直帰率や離脱率が高い場合(90%以上)は、記事の内容を見直した方が良いかもしれません。

 

 

 

4. ユーザーサマリー

[ユーザー]→[サマリー]では時間帯別のアクセス状況、New Visitor(新規訪問)、Returning Visitor(再訪問)の割合といった情報を把握できます。

ユーザーサマリー

上の画像から、9時にアクセスのピークを迎えているので、次回の記事投稿を9時にすると、ソーシャル(SNS)での拡散も狙えるかなといった施策を検討できます。

 

 

モバイル

さらに[モバイル]→[サマリー]では、どの端末からのアクセスが多いかを把握できます。

ブログやホームページの更新はパソコンを使う人がほとんどですよね。

意外に見落としがちなんですが、現在はパソコンより、スマホからのアクセスが多めです。(サイトによります)

モバイルアクセス

ブログは画像を多く使用するので、スマホサイトの表示が極端に重い時があります。

このブログは、エックスサーバーを使っているので、サーバーの管理画面で設定できるmod_pagespeedという機能をONにして、表示速度を向上させるようにしています。

 

日頃から意識して、スマホであなたのサイトをチェックする事をオススメします。

 

 

 

Google Alalyticsに毎日触れる事が大事

こんな感じで、僕が毎日見てる所は、表面的な数字のみです。

全体の数字を何となく眺めて、どこかに違和感を感じたら、そこに焦点をあてて、原因を追求する。

 

Google Alalyticsは、そんな使い方でいいのかなと思います。

「○○の方法」といった情報だけが先行して、その機能の活用方法を見出せない方が、本末転倒ですよね。

▼僕がオススメするGoogle Alalyticsに関する記事はこちら。

まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】

 

機能が多すぎて、何から手をつけて良いか分からない。

だったら、何も手をつけなくていいんです。

 

分からない事や気づいた事があれば、その都度調べまくる。

この方法がGoogle Analyticsを上手く活用する、一番の近道だと思っています。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

Google Analyticsで僕が毎日見ている数字は、検索流入、ソーシャルや他サイトの流入、ページ別/ユーザ別のアクセス状況ぐらいです。

サイト全体の動きを、遠目で眺めるイメージです。

でわ。

スポンサードリンク

Pocket

お問い合わせはこちら
福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。