福岡のブランディングデザイン個人事務所|ANIK(エイニック)

日々えいにっく

近所で良い関係を築ける外注デザイナーの見つけ方

Pocket

福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。

こんにちは、福岡のブランディングデザイナーTomoharuです。

 

制作物を頼みたいって時にどこにお願いしていいか分からない。

とりあえず「○○市 制作会社」で検索して上に表示される会社に依頼していませんか?

ずばりその選び方は危険です。

 

デザイナーを社内で雇う余裕がない。

スポットで外注デザイナーに制作物を依頼したい。

そんな方も多いと思います。

 

今日はデザイナー自身である僕が良いデザイナーの見分け方をご紹介したいと思います。

 

1. 個人のフリーランスデザイナーがオススメ

なぜ個人のフリーランスデザイナーを勧めるのかと言うとズバリ費用が安いからです。

規模の大きい制作会社に依頼すると、「会社の取り分+デザイナーの人件費」がかかります。

個人のフリーランスだと一人分の人件費のみですむのでお得です。

 

「○○市 個人 フリー デザイナー」で検索してみましょう。

 

 

2. ホームページ内の制作実績は必須

デザイナーであればホームページ内に過去の制作実績が掲載されているはず。

もし掲載されていなければ、発注は控えた方がいいかもしれません。

自身のスキルと実績を証明できているフリーランスのデザイナーは信頼してもいいと思います。

たまにフリーランスは信用できないという声も耳にしますが、僕は企業のデザイナーでもフリーのデザイナーでもきちんとしてる人はどちらにもいるし、その人次第かなって思います。

 

 

3. レスポンスの早さ

問い合わせをしてレスポンスが遅いデザイナーは要注意です。

おそらく、デザインのやり取りも支障がでてくるおそれがあります。

 

これは社会人として常識があるかどうかの問題なので、やり取りしてみてしっくりこないようであれば違うデザイナーを探してみるのが懸命です。

 

 

4. 格安業者はあたりはずれが大きい

デザインの価値は目に見えないせいか、ひどく低く見られがちです。

デザイナーもしかり。

それはネット上で格安でデザインを請け負う業者が多く目につくのも理由の一つかなと感じています。

 

これは持論ですが、デザインは依頼側の想いや信念を形にしていく職人技だと思います。

安売りして後々後悔されるような事だけは絶対にしたくありません。

 

こちらもデザインに責任をもって提案したいし、満足してもらいたい。

だから安易に価格だけで業者を選ぶのは控えてほしいかなと思います

 

 

最後に

制作費用があまり確保できない=安くすませよう。

このような流れで制作を進めてしまうケースも多いです。

 

デザインは人と人が顔を合わせ、どのデザインが最適なのか、たくさん議論を重ねます。

世の中のグッドデザインはそうやって生まれていきます。

 

行き当たりばったりのデザイン発注では会社の方向性までは汲み取ってもらえません。

長くお付き合いできるあなただけのデザイナーが近所で見つかるといいですね。

近所じゃないと遠征費がかかるのでw

 

デザインには想いがあり、価値がある。

それだけはどうか忘れないでいただけると幸いです。

Pocket

ブランディングのご依頼はこちら
福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。