福岡 春日市のデザイン事務所|小さな会社のブランディングならANIK

福岡のブランディングデザイナーのブログ

Instagramフォトコンテスト「GO!FUKUOA」で優秀賞

Pocket

福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡・春日市のブランディングデザイナー / 小さな会社のブランドつくり専門家。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間、飲食系デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行うデザイン事務所を設立。

どうも トモハルです。

 33歳のおっさんが生まれて初めてフォトコンテストで優秀賞を受賞しました。

 

  ちかっぱ嬉しか〜。  

 

福岡市主催のフォトコンテスト「GO!FUKUOKA」

今回はInstagramを使い素人の方でも気軽に応募できるフォトコンテストでした。

今日はGO!FUKUOKA フォトコンテストを振り返って感じたことをご紹介したいと思います。  

GO! FUKUOKA フォトコンテストって何?

「住みやすいまち」「元気なまち」として国内外から高い評価を受けている福岡市。

そんな福岡市の街並みや自然、歴史、伝統、食文化といった魅力を、みなさんが撮影した写真を通して国内外に発信するため、Instagramを活用したフォトコンテスト。

 

 

福岡の魅力をInstagramというノリノリのSNSを使って発信しちゃいなよ! みたいなノリノリの企画です。

福岡市は外国人観光客も近ごろ急増してるので、こういう企画はとても面白いなって思います。

 

GO! FUKUOKA フォトコンテスト

 

 

応募の動機

Instagramを初めて一年ぐらい経ったかな。

Ricoh GRっていうポケットサイズのカメラをいつも持ち歩き、気になる街並みや風景を記録してきました。

 

ようやくInstagramが楽しくなってきた頃に先ほど紹介したフォトコンテストの掲示をたまたま目にしました。

何気ない気持ちでとりあえず応募。 自分から何かを発信すると、いいことって起きるんだなとつくづく実感しております。    

 

 

撮影した写真は早朝の博多エリア

とある日曜日の朝5時頃だったかな。

早く目が覚め、家の近所を散歩してみようと思い、博多の櫛田神社あたりまで足を運びました。

 

この辺りは昔ながらの街並みが残っていて、とても風情があります。

人力車が目に飛び込んできたので、珍しいと思いシャッターを切りました。

そんな偶然出会った風景がまさかの優秀賞。 最高です!  

 

 

 

 僕がInstagramで福岡市の魅力を発信する理由

テーマを持った写真投稿。

インスタジェニック(イケてる感)な雰囲気。

 

FacebookやTwitterとは違ったビジュアルで共感を得る新しいコミュニケーションツールとして、20代から30代の女性をメインに流行しているInstagram。  

昼間はオフィスで仕事をしているので、なかなか写真を撮る暇がないんです。

 

無理なく撮影できて、且つテーマを持たせられる写真って何かな? 風景?自分の部屋?   全然おもしろくない!   おや?福岡で出かけた場所の記録をしてみたら? 人と少し違う視線を意識して。

意外に面白いかも。

そんな軽い気持ちで少し頭を使いながら写真を撮ってます。

もちろんカメラが好き!っていう気持ちが一番ですけどね。

 

出かけるきっかけになるし、Instagramのいいねが増えるし、マーケティングの勉強になるし。

今の所、いい事だらけです。 ただハマりすぎて、私生活に支障がでるのは嫌なのでほどほどにしとこうかなと。  

 

 

 

最後に

Instagramって何が面白いの? ってたまに耳にします。

確かに始めた当初は全く面白くないです。

誰にも見られなし。

 

ただ少しずつフォロワーが増え出すと、こういう写真はいいねが多いのか。

みたいな傾向が掴めてきます。

 

そんな感覚を身につけながら、人の反応を膨らましていくゲームみたいな感じです。  

難しいけど、やり甲斐がある。

SNSに飽きてきた人にはほどよい感じ。

そんな所がウケてるんじゃないかなと思います。  

 

話が少しそれましたが、そんなInstagramで福岡市が企画したフォトコンテスト。

とても楽しかったです。

また機会があれば参加したいなって思える企画でした。

ブログも頑張ります! でわ。

Pocket

過去の制作実績はこちら
福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡・春日市のブランディングデザイナー / 小さな会社のブランドつくり専門家。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店で10年間、飲食系デザイン業務に携わる。ホームページ制作、広告バナー、名刺、商品パッケージ、看板、各種販促ツールのデザインを担当。2017年よりANIKという屋号でホームページ制作・グラフィックデザインをワンストップで行うデザイン事務所を設立。