福岡のブランディングデザイン個人事務所|ANIK(エイニック)

日々えいにっく

33歳 フリーのブランディングデザイナーとして生きて行くための覚悟

Pocket

福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。

どうもトモハルです。

今日はちょっと重めなタイトルですが、ご了承ください。

僕は現在、普通のサラリーマンをしています。 サラリーマンといっても企業のデザイナーとして働きだして10年くらい。 インハウスデザイナーってやつです。

最近は外部からのWebサイトの受注なんかも少しやり始めたところです。 今の仕事に何の不自由も感じていません。 ただ僕が少し欲張りなだけ。

スポンサードリンク

 

フリーランスのブランディングデザイナーを意識しはじめた時期

フリーランスを意識し始めたのは、このブログを立ち上げた頃。 2015年に入ってぐらいですかね。

会社の仕事が特別嫌って事ではないんですけど、フリーター時代に独学でデザインを学んで、やっと正社員になって、次は?みたいな気持ちが芽生えてきて。

何となく自分の中で次の目標が見えなくなってしまいました。

 

 

 

とにかく行動しないと何も始まらない

とにかく何でもいいから自分が納得できる所までやってみようって事でこのブログを立ち上げました。

その過程でオンラインのブログスクールも受講して、人が集まる記事の書き方などを一から教わりながら自分なりにコツコツ前進してきたつもりです。 そのオンラインブログスクールも途中でこっそり辞めちゃって申し訳ないなって思ってます。

そのせいか、まだ結果は出てませんけどw  

 

 

 

広い世界を見てみたい

朝同じ時間に出社して、夕方になったら帰宅。 会社という狭い世界での優越、派閥争い。ちょっと面倒くさくなっちゃって。

もっと広い世界でいろんな経験を積んでみたい。

今はそんな思いです。

 

 

 

33歳 不安でいっぱい

とはいったものの、明日から無職はさすがにキツイ。 どうすれば一人でやっていけるのか。 ここ一年ぐらい自問自答しっぱなし。 まだ答えは見えてません。

でもお金を稼がないと生きて行けない。33歳。不安でいっぱいです。

 

 

 

実はこの前結婚したばかりです

実はこの前結婚したばかりです。 妻には仕事の事は少し話していますが、具体的にどうこうっていうのはまだ決めてません。

不安にさせたくないし、不自由はさせたくない。

結婚するときに必ず守るって誓ったから、責任は果たさないと。  

 

 

 

最後に

自分の命はあと30年もすればどうなってるか分かりません。 僕の親父が60歳前に亡くなったから。 あと30年って思うとすごく短い気がして。

その貴重な時間の大半を会社で過ごすのか。家族と過ごすのか。 考え方はいろいろあると思いますが、僕は迷わず家族と過ごしたい。

家族と過ごす為にはどうすればいいか。 それを今一生懸命考え、行動している最中です。

今の気持ちを記事にする事で、リスクもありますが、自分で自分の背中を少し押したいという気持ちで書きました。

今はとにかく目の前の事に全力で取り組んでいきたいと思います。

でわ。

スポンサードリンク

Pocket

お問い合わせはこちら
福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。