福岡のブランディングデザイン個人事務所|ANIK(エイニック)

日々えいにっく

ECサイトのコンバージョンが確実に上がるフォーム改善のまとめ

Pocket

福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。

ECショップを運営されている方。

 

売り上げが伸びないと頭を抱えていませんか?

 

広告費ばかりが膨らみ、見合った成果を上げる事ができていないのが現状では?

 

今日はそんな悩みを抱えている方に、無料で簡単にコンバージョンを改善できる方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1. フォームのエラー処理をリアルタイムで行う

まず現在設置されているフォームを確認してみましょう。

 

フォームを入力して送信ボタンを押すと入力に不備がある場合、エラー画面に遷移していませんか?

 

これだとユーザーがストレスを感じ、離脱する確率が高くなります。

 

 

そこで今回ご紹介したいのがページ遷移なしのまま、リアルタイムでエラーチェックを行う方法です。

 

jqueryを使用しますので、詳しい設置方法はこちらの

SHUFFLEEEBLOGさんの記事

でご紹介されています。

 

設置後は入力不備の項目は次の入力項目に移動した後、赤い吹き出しがふわっと表示され、リアルタイムで入力不備を知らせてくれます。

 

 

 

2. 住所入力補助機能を設置する

最近のECサイトでは多く見られる機能ですが、郵便番号を入力すると自動で住所が表示される機能です。

PCとスマホで設置方法が異なりますのでご注意ください。

 

PC版はこちら(ウェブアンテナさんの記事)

スマホ版はこちら

 

ちなみにスマホにPC版のajaxzip3のjsを設置してみたのですが、うまく動作しませんでした。

 

 

 

まとめ

フォーム入力の際、ユーザーの手間を極限まで省く事でコンバージョンは確実に改善されます。

広告費を増やす前に、まずはサイトのフォームを見直す事をお勧めします。

スポンサードリンク

Pocket

お問い合わせはこちら
福岡のデザイン事務所 ANIK(エイニック)代表
福岡のブランディングデザイナー 。1983年生まれ。独学でデザインを学び、福岡の広告代理店にインハウスデザイナーとして勤務中。そのかたわら、中小企業専門でブランディング戦略型WEB・ホームページ・DTP制作をワンストップで行っています。